CORPORATE PHILOSOPHY

1.感動の追求と提供

   

お客様に感動して頂ける料理・サービス・空間を常に追求し、提供して、その街の資産となれるような、お客様に愛され、
必要とされる飲食店を作る。

「気持ちの良い空間で」「美味しいと思っていただける商品」を作り、「適正な価格」で提供し、「サービスで付加価値」をつける。
それらが最高の形で結びついたときに生まれるのが、「Value (価値)」です。
「お客様を感動させたい」その思いを持って、感動を追求し続け、本物のValue(価値)提供を目指す。
この積み重ねの結果により、お客様に愛され、必要とされる街の資産と呼ばれるような飲食店になっていくのだと思います。

2.社員全員経営者

   

経営のすべてを学べる外食企業のリーディングカンパニーを目指し、どこにいっても通用する経営者感覚を持った
社員が溢れる会社にする。本物の技術を持った料理人が溢れる会社にする。

「社員全員経営者」少し堅苦しく感じるかも知れませんが、1人1人の社員が、誰かや何かに依存することなく、
飲食市場という社会に自分の足で立って欲しいという思いから、この企業理念が生まれました。
お客様は、美味しいものを食べたい、大切な人と大切な時間を過ごしたい、仕事の疲れをいやしたい、など様々な気持ちで飲食店を訪れます。
飲食店は、そんなお客様に幸せな時間を提供するとてもやりがいのある仕事です。
見方を変えれば、お客様に必要とされるからこそ社会で存続させていただけているといえます。
つまり、お客様に幸せな時間を提供し、喜んでいただくことが、飲食店としての社会におけるあり方であり、飲食人として社会で働くということです。

社会における飲食店のあり方、働くことの本質を理解していくことが、飲食人として、飲食市場という社会に自分の足で立つということだと思います。
自分の足で立てば、自然と「自分は飲食人として社会で何をしていきたいのか?」 こういった自分の夢や目標が持てるようになってくるでしょうし、
同時に努力しなくてはいけないものも見えてくると思います。
1人1人の社員が、飲食市場という社会で仕事をさせていただけていることを自覚しすること。
仕事に誇りと責任を持ち、お客様に喜んでいただくことに熱意と工夫を持って取り組むこと。
自分の夢や目標に向かって、自己価値向上を目指し、努力すること。
それはつまり、誰もが一人の経営者であるということです。
プレジャーカンパニーでは、社員皆がどこに行っても通用する、社会に必要とされる人材になれるよう応援していきたいと思います。

3.家族・仲間と共に夢を追い人生を楽しむ

   

自分・家族・仲間・社会に対して責任を持ち、無限の可能性にチャレンジして、1度きりの人生を楽しく生きる。

飲食市場という社会に自分の足で立てるようになれば、そこには無限の可能性が広がっていることが分かってくると思います。
しかし、可能性は誰にでもありますが、可能性を形に出来る人は限られています。
可能性を信じて、夢や目標に向かって、努力し、準備ができている人だけです。 しかし、飲食店は1人ではできません。
協力してくれる業者様がいるからこそ、お客様に美味しいものを提供できます。
一緒の船に乗った仲間がいるからこそ、お客様に喜んで頂けるチームが出来ます。
そして、応援し、支えてくれる家族がいるからこそ、仕事に誇りが持てるのです。
感謝の気持ちを忘れずに、無限の可能性を信じて、夢や目標に向かって、チャレンジしていきましょう。
プレジャーカンパニーも、入社してくれた仲間やその家族たちと共に、無限の可能性にチャレンジしていきます。